2014年04月23日

【AppleTV/Chromecast】YouTubeLive動画をハイビジョンTVで観るTips【大画面】

どうもみなさんこんにちは、ちっぷすです。

今日は、ハイビジョンテレビでYouTubeLiveを試聴する方法について紹介します。

必要な物は、
【普段iOS端末で見ている人】
機種:iPhone,iPodtouch,iPad
1.HDMIコネクションキット

Apple Lightning Digital AVアダプタ MD826ZM/A

新品価格
¥5,339から
(2014/4/23 16:54時点)



2.AppleTV

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

新品価格
¥10,000から
(2014/4/23 16:54時点)




【普段Android端末で見ている人はこちら】
機種:Androidのスマホ・タブレット
1.MHL対応ケーブル

2.Chromecast(日本未発売)



AppleTV単体でもYouTubeが見れますが、YouTubeLiveの動画を探すことはできません。。。
iPhone(iPad)でAirPlayのミラーリング機能でAppleTVを経由し、ハイビジョン画面に出す、ということになります。

AirPlayの使い方は、公式ページからどうぞ!
iOSでAirPlayを使う

ミラーリングを始めたら、iPhoneのアプリからYouTubeLiveを開くだけでOKです!


Androidの方はこちら【外部サイト】
posted by チップスLOVE at 15:42| Comment(0) | YouTubeLive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

【ついに来た!】LiveShellProのダッシュボードだけでYouTubeLive配信ができちゃいました。【簡単】

どうもみなさんこんにちは、ちっぷすです。

今日、4/16に、LiveShellProでYouTubeLive配信が劇的に簡単になりました!!
やった〜〜待ってました!

テンション高いまま、記事を書きます。

1.YouTubeLiveで配信するGoogleアカウントとLiveShellを連携する
01.png

2.DashBoardの配信設定から「YouTubeLive」を選択する
02.png

3.ライブイベントがある場合はそれを選ぶ。
ない場合は追加。今回は手順紹介で追加してみますね。
03.png

4.必要事項を入力して、「保存」
04.png05.png

5.続いてストリームを作成
これをやらないと配信できないです。
06.png

6.ストリーム情報を書き込んで「保存」
まぁ、解像度だけですね。
07.png

7.作成したストリームを選択して、「保存」
08.png

8.LiveShellProから配信開始
※ここではまだ、YouTubeLiveの配信は開始されません
09.png

9.YouTubeLiveで配信開始
これをやって初めてYouTubeLive配信が開始されます。
10.png

右上に小さく載ってますね。

10.ちゃんと再生出来ました〜〜♪
11.png


USTREAMで安定配信ができることで一躍有名になったcerevoのLiveShellPro。
安定配信はYouTubeLiveでも、十分!!
1080p配信ができないのは残念ですが、720pの中では低ビットレート高画質ですね。

唯一のネックだった「配信が面倒くさい」というのが解消されたので、
YouTubeLiveの普及に拍車がかかるのではないでしょうか??

といっても、今在庫もないですけどね(汗
LiveShellProの後継機LiveWedgeが待ち遠しい・・・

でわでわ

LiveShellProを今買うなら海外しかない・・・?
ラベル:YouTubeLive
posted by チップスLOVE at 19:32| Comment(0) | YouTubeLive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

YouTubeLiveでストリーミングするエンコードマシンやソフトのおすすめは??

・エンコードマシンについて
ここで、エンコードマシンについて簡単に触れます。
あいちっぷすのコミュニティでいろいろな環境でエンコードしている人たちがいるのですが、
皆の意見を総評してここでおススメを紹介します。
<専用機>
@LiveShellPro

USTでも定評のある国内ベンチャーの製品。PCレス配信が可能です。
低ビットレート高画質を実現していて、常に帯域を監視するため一番安定していました。
AAVT875
(+ノートPC)
ニコ生で有名なゲームの配信を想定したエンコード専用機。
H.264ハードウェアエンコーダを使っているので、ノートパソコンでも配信可能です。
HDMIしか使わないならこれが良いです。

<配信PC>
高画質配信ならi7は欲しいです。中画質(480p以下)はi5で良いです。i3,celeronは、おすすめできません。
配信PCにはエンコードソフトウェアが必要なので、次に紹介します。
@XSplit
お手軽配信が可能です。YouTubeLiveにアクセスしなくても配信できるので、おすすめです。
AWirecast for YouTubeLive
公式エンコーダだけあって、安定しています。が、配信時にライブコントロールルームを使わないといけないので、XSplitと比べて手間です。
posted by チップスLOVE at 19:24| Comment(0) | YouTubeLive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。