2013年10月09日

スマホはiOS(iPhone,iPad)かAndroidか。どっちがいいの?

どうもみなさんこんにちは。ちっぷすです。

今日はスマホについて書きます。


もう電車でもガラケーはみなくなりましたね。

話はそれますが、ガラケーって何の略か知っていますか?
「ガラパゴス携帯」です。
iモードを皮切りに、ワンセグやおさいふ機能、カメラ機能など、
日本独自に発展していったので、日本の携帯業界は
世界全体からはちょっと特殊な方向に向かってました。

で、日本のケータイは世界では通用しないことを
独自の生態系をもつガラパゴス諸島にたとえてつけられたあだ名です。

あんまりよろしくないことばなんですよね。


まぁそれは良いとして、ガラケーの時代が幕を閉じ、スマホの時代が幕あけました。

今までもスマホに似たようなものはあったのですが、
爆発的に広まったキッカケはiPhone。

iPhoneが、スマホによる新たなライフスタイルを提供してくれたからです。
しかし、負けじとGoogleもAndroidをリリースし、両者がデッドヒートを繰り返しました。

では、ここで質問です。

iOSとAndroidの違いを言えますか?


さらりと答えられた方は、自分に合ったスマホをもう手にしているんだと思います。


違いは
iOSは、Apple社が提供しているスマホ用のOS。
ハードウェアはiPhoneとiPadだけ。

Androidは、Googleが提供しているスマホ用のOS。
ハードウェアは色んな会社が作っている。

ということです。
iPhoneの方が全体として完成度を高く作れるんですよね。
なので、スマホが流行りだした初期のころは、
iPhoneの方が指に吸い付くように動くし、バッテリーの持ちが良い。
でもAndroidはなんかもっさりしているし不安定だしバッテリーの持ちも悪い。
と、iPhoneが優勢でした。

でも最近はAndroid端末も洗練されてきて、両者に差はなくなってきました。

じゃぁAndroidかiPhoneか。決め手は??

ってなりますよね。決める軸は二つあると思っています。

@人に使い方を聞けるかどうか
A使いたいアプリがあるかどうか


@人に使い方を聞けるかどうか
Androidと一口で言っても、色んなバージョンがあり、各端末に合わせてカスタマイズしやすくなっているため、スマホごとにデザインや設定方法が異なったりします。なのでAndroidを使うなら、近くに同じ端末を持っていない人は、自分で使い方を学ばないといけないと思った方がいいです。
一方iPhoneは初代からほぼデザインや設定方法は大きく変わっていなくて、ヘビーユーザーもまわりに多いので、「使い方を聞きやすい」というのがかなり大きなメリットになります。
特に、初めてスマホを持つ人は、無駄な苦労をせずにスマホの良さを体験しやすい、とも言いかえることができますね。

A使いたいアプリがあるかどうか
スマホの便利さは、そのアプリによります。iPhoneのヒットも、便利なアプリのおかげでした。
アプリの大きな流れとして、iPhoneで流行ったら同じようなものがAndroidで真似される、っていうのがあります。爆発的にヒットしたアプリ(=めちゃくちゃ便利!)っていうのは、iPhone発であるものが多いです。
外部サイトでは、ここら辺が分かりやすく比較してくれていますね。
iPhoneとAndroidを比較しているサイト


利用することだけを考えていましたが、運用コストなどもあるので、
お財布とも相談しつつ、決めていただけたらと…。
初めて使うならiPhoneをお勧めしたいですね。



でわでわ




posted by チップスLOVE at 00:00| Comment(0) | OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

【あなたは】WindowsとMacの違い【どっちが好き?】

winmac.jpg

どうもみなさんこんにちは。ちっぷすです。

今日は、WindowsかMacかで悩んでいる人たちに役立ったらなと思います。


では質問です!


WindowsとMac 違いを一言で言えますか?




ちょっとでも「?」が出てきたなら、
この記事に新しい発見があるかもしれません。



パッと思い浮かべてみても色々な違いが言えますよね。

windows
一般的、安い、ウイルスが多い、不安定、更新多い


Mac
専門的、カッコいい、ウイルスが少ない、安定、更新少ない


これらの違い、突き詰めると、実は根本的な違いにたどり着きます。

その根本的な違いは

Windows
MicrosoftがOSだけを提供しているもの。

Mac
AppleがハードウェアとOS、アプリケーションをセットで提供しているもの。

ハードウェア  :人間の肉体
OS       :人間の魂(心・精神・考え)
アプリケーション:人間の仕事

パソコンを理解するにはこう考えるとわかりやすいです。
要は、windowsは魂と肉体を別の人が作っていて、macは魂と肉体を同じ人が作っているんです。

さらに説明を加えると、
windowsは、
より自由にたくさんの仕事ができるように
つくられていて
Macは、できる仕事をある程度決めておき、
その仕事がうまくできるように
作られてるんです。

つまり、windowsは何でもできるけれど、心はやりたいが体が動かないなんて不整合が生じることがある。
macは、できることが限られるけれど、できることに関してはちゃんとできる。
ってことです。

そうすると、上記のwindowsとMac違いの図式がすべてつながります。

winはどんなことでもできるので一般的に普及した。
macは特定のことを上手にこなしてくれるので、専門的でスタイリッシュ。

windowsは誰でも何でも作れるのでウイルスが流行りやすい。
macは大事なところはヒミツにされているのでウイルスが流行りにくい。

windowsは何でもできるようにしたがために、設計漏れも多く、アップデートが多い。
macはできることを限定しているので設計漏れが少なく、アップデートも少ない。

というふうに。

お分かりいただけましたでしょうか?


じゃぁ、新しく買おうとするならwindowsとMacどっちにしようかな。
悩む人は多いと思います。

今の私なら

・パソコン買うの初めてだし、無難にいきたい…
・共用PCはだいたいwindowsなので、使い勝手が一緒の方がいい。慣れている。
という人にはwindowsをお勧めしますし、

・やりたいことがある程度決まっていて、それをMacでできる
・使い勝手が変わったとしても、カッコいい方がいい!
という人にはMacをお勧めします。


以前は、Word Excel Powerpoint等が使える等、汎用性の高いwindowsをお勧めしていました。

しかし、近年スマホ・タブレットが普及して
Evernote・Dropbox・GoogleDriveなどのクラウドサービスが普及してきました。
そのため、IT機器を選ぶ際のOSやアプリケーションによる依存度がかなり低くなっているので、
正直どちらでも良いと思っています。
コチラについては詳しく後述しますね。


ちなみにブログ主は、動画編集ソフトEDIUS愛好家なのでメインはWindowsですが、
サブ機を次買うならMacにしようかなと思っていたりします。
2013年11月現在、Macを買うと、Keynote、Pages、Numbers、Garagebandなどのソフトウェアが無料で提供されるようになりました。
WindowsならばOffice(3万円)を買わないといけないので、これはポイントが大きいかも!?


もちろん「予算がない」という理由なら、Windowsの方が安価に買えるのでそちらをお勧めします。
ただし、ネットブックはお勧めできません。(これも後述しますね)

パソコンも、なんとなく店員に流されて買うのではなく、
自分で選択をして納得して買うのが◎

何事もそうですよね。自分の道も常にそうでありたいです。


でわでわ


関連記事
Macでインターネットを見る時のおすすめブラウザ
Windowsでインターネットをする時オススメのブラウザ

ラベル:OS Mac Windows
posted by チップスLOVE at 00:00| Comment(0) | OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする