2014年02月15日

【SIM下駄】Willcom15円スマホのSIM切って、au版iPhone4S +SIM下駄で動かしてみた【3Gのみ】

s-IMG_0072.jpg

どうもみなさんこんにちは、ちっぷすです。

今回は、去年末Willcomが売っていた15円スマホのSIMで、
au版iPhone4S(32G)+SIM下駄(Gevey Ultra)が動いたので報告します。
【環境】
au iPhone4S 32G
iOS 7
willcom15円スマホについてきたSIMは、電話番号は080〜
Willcomと書いてありますが、Softbankの電波を利用するSIMでした。
以降15円SIMと呼びます。

・切る前にやっておくこと
15円SIMのネットワーク情報を吸い上げとかないといけないです。
こちらのサイトを参考に。SIMはwillcomって書いてますが、やることは同じです。
SBMCGMで出てきました。
SoftBank 4G(AXGP)のAPNを201HWを使って抽出する方法


では、SIMを切っていきましょう〜
思ったほど難しくなかったです。

・上がMicroSim、下が15円SIM
s-IMG_0073.jpg
サイズが普通のSIMサイズなので、
iPhone4Sに付けるならmicroSIMまで削らないといけないですね。

・採寸はiPad(笑)
この画像を表示して、ピンチで大きさを合わせました。
SIMカットテンプレート
s-IMG_0075.jpg


・定規はカードで代用
そういえば、文房具あんまりもっていません。
s-IMG_0076.jpg


・カットははさみで充分です。
専用のカッターがありますが、高杉…
切るの失敗したという話をあんまり聞かないので、はさみで切りました。
s-IMG_0077.jpg


・上切って
s-IMG_0079.jpg


・まわり切って
s-IMG_0080.jpg


・角も切って、微調整は爪切りで…
s-IMG_0082.jpg


・Gevey下駄にはまるまで削りました。
s-IMG_0083.jpg


・iPhoneに差し込み、電源投入
s-IMG_0084.jpg

・始めに吸い上げた201HWのAPN情報を入力
「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」で
@モバイルデータ通信
Aインターネット共有
に入力する。
s-IMG_0439.jpg
s-IMG_0441.jpg


・つながりました!
やっぱり回線は「softbank」
au iPhone4S+下駄は最強ですね〜
s-IMG_0086.jpg



戻すときは・・・


これでもちゃんと動きます(笑)
s-IMG_0087.jpg
s-IMG_0088.jpg

心配だったので、SIMアダプターをamazonでポチりました。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

新品価格
¥50から
(2014/2/15 11:32時点)




なんと、テザリングもできちゃいます!
でも1GB制限なのでほとんどできないかも。しかも3G回線で遅いし…

と、動くことが分かったので、義姉にプレゼントします〜〜
あ、ちなみに、iPhone4Sのバッテリーは新品と交換したので持ちは良いかと。


ということで今回はここまで。

でわでわ
ラベル:スマホ IOS iPhone
posted by チップスLOVE at 09:26| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

YouTubeLiveでストリーミングするエンコードマシンやソフトのおすすめは??

・エンコードマシンについて
ここで、エンコードマシンについて簡単に触れます。
あいちっぷすのコミュニティでいろいろな環境でエンコードしている人たちがいるのですが、
皆の意見を総評してここでおススメを紹介します。
<専用機>
@LiveShellPro

USTでも定評のある国内ベンチャーの製品。PCレス配信が可能です。
低ビットレート高画質を実現していて、常に帯域を監視するため一番安定していました。
AAVT875
(+ノートPC)
ニコ生で有名なゲームの配信を想定したエンコード専用機。
H.264ハードウェアエンコーダを使っているので、ノートパソコンでも配信可能です。
HDMIしか使わないならこれが良いです。

<配信PC>
高画質配信ならi7は欲しいです。中画質(480p以下)はi5で良いです。i3,celeronは、おすすめできません。
配信PCにはエンコードソフトウェアが必要なので、次に紹介します。
@XSplit
お手軽配信が可能です。YouTubeLiveにアクセスしなくても配信できるので、おすすめです。
AWirecast for YouTubeLive
公式エンコーダだけあって、安定しています。が、配信時にライブコントロールルームを使わないといけないので、XSplitと比べて手間です。
posted by チップスLOVE at 19:24| Comment(0) | YouTubeLive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超絶使えるYouTubeLiveの配信方法を、画面でわかりやすく説明しました【設定多い(汗】

どうもみなさんこんにちは、ちっぷすです。

今回は、YouTubeLiveで配信する方法のTipsです。

画面で順を追って説明しますので、必要に応じて飛ばしてください。

・YouTubeにログイン
複数人で管理するときは、チャンネルに管理人を追加することもできます。
新たにGoogleアカウントを作成してそのIDでだけ利用することもできます。
YouTubeへアクセスし、ログインする
02.JPG

・いろいろ勧められますが、何もチェックせずに「次へ」
03.JPG
04.JPG

・こちらも何もチェックせず「次へ」
04.JPG

・「マイチャンネル」を選択
05.JPG

・Google+のアカウント名などを設定します。入力したら「次へ」
06.JPG

・「設定」に移動
07.JPG

・「新しいチャンネルを作成」
08.JPG

・チャンネル名を入力し、同意にチェックを入れて完了
09.JPG


・こんなのが出たりします。
10.JPG


・先ほど作成したチャンネルを選択
11.JPG

・「ライブイベント」→「ライブストリーミングを有効にする」を選択
13.JPG

・電話番号の認証を行う
(ひとつの電話番号で1年に2回しか認証できませんので、ご注意を)
14.JPG

・今回私はSMSでやりました。スマホ以外のウィルコム・ガラケーでも、電話で認証できますよ。
15.JPG

・認証完了
16.JPG


・ライブイベントを作成します。
17.JPG

・まずは詳細設定を入力していきます。イベント名を入力
18.JPG

・公開範囲は、自分の用途に合わせて選択してください。
※一般公開したくない場合は、必ず「限定公開」か、「非公開」にしてくださいね。
19.JPG

・カテゴリはなんでもいいです。
20.JPG

・種類は「カスタム」を選んでください。
21.JPG


・詳細設定に移動し、残りの項目を以下に設定します
21-2.JPG
コメント:視聴者とのやり取りがメールやカカオなどでできるなら、ここはチェックしなくて良いです。
配信オプション:サイトなどに埋め込む場合はチェックします。
プロモーション:非公開・限定公開の場合はチェックを外します。
動画の統計情報:ここも、基本チェック外して良いです。
録画:イベント終了後も限定公開したい場合は、チェックを外してください。
(見せたくない場合、限定公開だと拡散する危険性があるので、1か月後には非公開にしたほうがいいです。)
DVR:重要!遅れて動画を観る人でも最初から巻き戻してみることができるので、是非チェックしてください。


・続いて、取込設定を設定していきます。
取込の基本設定で、ビットレートを選んでください。
ハイビジョンなら720pで充分。アナログなら480pで充分です。
上り回線速度が3Mbps未満の場合は、360p,240pなどを選んでください。
上り回線速度計測はRadishが確実です。 →Radish(要Java)
22.JPG

・エンコーダはWirecast for YouTubeにしてください。
無料で一番いいソフトです。有料ならXSplitなどがあります。
23.JPG

・こちらの手順に従って、Wirecast for YouTubeをインストールしてください。
具体的なインストール方法は、ここでは割愛します。
24.JPG

・LiveShellPro、ExpressionEncoderなど、他のエンコーダを利用するなら、こちらのストリーム名、RTMPサーバーアドレスを入力して下さい。
25.JPG

☆エンコード環境については別記事参照
YouTubeLiveでストリーミングするエンコードマシンやソフトのおすすめは??
・ライブコントロールルームへ移動します。
今はまだプレビューのボタンが押せない状態です。
26.JPG

YouTubeLive for Wirecastを使う


上記の設定が終わったら、Wirecast for YouTubeLiveを立ち上げ、「ストリーム」をクリックします。
27.JPG

・「認証」をクリック
28.JPG

・先ほど作成したGoogleアカウントを選択
29.JPG

・作成したチャンネルを選択
30.JPG

・「承認する」をクリック
31.JPG

・先ほど作成したライブイベント名、配信画質であることを確認する
上り回線に余裕がある場合は、バックアップサーバーを利用にチェックしても良いです。
32.JPG


・ソースに動画を追加して、「→」を押せば、プレビューに反映されます
33.JPG

・「ストリーム」を押せば、ストリーミング開始、「録画」を押せば、保存開始です
34.JPG


これで、Wirecast for YouTubeLiveの設定は完了です。
ライブコントロールルームに戻りましょう

ライブコントロールルームに戻る


ライブストリーミングを開始して1-2分待つと、プレビューボタンが押せるようになっています。

・プレビューをクリック
35.JPG

・OK
36.JPG

・ストリーミングの状態が「良好」であることを確認し、「ストリーミング開始」ボタンをクリック
37.JPG

・OK
38.JPG

・エンコードや回線に何か問題が生じればここに表示されるようになっています。監視しておくことをお勧めします。
39.JPG

・右上の「動画再生ページを表示」を選択
40.JPG

・配信開始した動画が再生されていることを確認します。
41.JPG

ここのURLが、動画再生ページになります。
一般公開にした場合は検索でひっかかるようになり、
限定公開にした場合は、このURLを視聴してもらいたい人にシェアすれば見れます。
視聴者の設定によってはURLが拡散する危険性もあるため、
知識をお持ちの方は、GoogleSiteなどで動画をページに埋め込むことをお勧めします。


配信が終わったら



・配信を停止します。
42.JPG

・OK
43.JPG

・Wirecast for YouTubeLiveも停止します
47.JPG

配信動画を確認する


・動画の管理を選択
44.JPG

・「ライブイベント」→「表示」→「完了」
45.JPG

・ここで動画の管理をできます。ダウンロードも可能です。
46.JPG

posted by チップスLOVE at 19:14| Comment(0) | YouTubeLive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする